京浜病院 新京浜病院 採用サイト

病院概要・沿革

京浜病院 概要

所在地 京浜病院
〒143-0013 東京都大田区大森南1-14-13
TEL 03-3741-6721 FAX 03-3745-1601
理事長
院 長
熊谷 賴佳
副院長 志越 顕
名誉院長 高倉 公朋
病床 71床(医療療養病床)
施設基準 ・療養病棟入院基本料1(看護配置20:1)
・患者サポート体制充実加算
・退院調整加算2
・総合評価加算
・重症皮膚潰瘍管理加算
・運動器リハビリテーション3
・CT撮影およびMRI撮影 ※当院ではMRI撮影はできません
・透析液水質加算
・入院時食事療養(Ⅰ)/入院時生活療養(Ⅰ)
職員 医師/薬剤師/看護師/理学療法士/看護助手/管理栄養士
臨床検査技師/臨床放射線技師/事務職員等
運営基準 入浴清拭週2回以上/離床による食事/離床/立位訓練/歩行訓練/外出/リクリエーション活動/イベント開催
主な設備 マルチCTスキャン/胃カメラ(経口・経鼻)/人工透析/超音波診断装置(腹部・心)
診療科目 内科/外科/整形外科/脳神経外科/皮膚科/精神科/リハビリ

新京浜病院 概要

所在地 新京浜病院
〒143-0013 東京都大田区大森南1-2-19
TEL 03-3745-3631 FAX 03-3744-6872
院長 有馬 陽一
病床 81床(介護療養病床)
人員基準 ・看護職員6:1/介護職員4:1
職員 医師/薬剤師/看護師/理学療法士/ケアワーカー/管理栄養士
臨床検査技師/臨床放射線技師/ケアマネージャー/事務職員等
運営基準 入浴清拭週2回以上/離床による食事/離床/立位訓練/歩行訓練/外出/リクリエーション活動/イベント開催
主な設備 マルチCTスキャン/胃カメラ(経口・経鼻)/人工透析/超音波診断装置(腹部・心)
診療科目 内科/外科/整形外科/リハビリ

沿革

昭和11年 故 熊谷千代丸が本郷に小児科医院を開業する。(その後、大田区北糀谷に移転する。)
昭和15年 興亜病院を設立する。
昭和22年 同病院を医療法人財団京浜病院と改名する。
(外科系手術を中心とした急性期救急病院)
昭和35年 熊谷賴明が院長に就任する。
昭和48年2月26日 賴明が個人病院の京浜病院(77床)を新しく設立する。
※一方、医療法人財団京浜病院は、東京成仁病院と改名し昭和53年に廃院する。その後、笹川記念病院、ピース病院(いずれも日本船舶振興財団)となったが、昭和59年に閉院した。
昭和51年 医療工学研究所を創設する。
昭和59年 賴明が京浜病院隣の土地建物(旧ピース病院)を買収する。
昭和60年5月 賴明の長男、賴佳が新京浜病院(81床)としてスタートさせる。
(外科系から次第に内科系中心の病院となる。)
平成4年 賴佳が京浜病院の院長に就任する。
平成5年 新京浜病院81床 特例認可老人病院入院加算管理(I)認可
平成6年 京浜病院77床のうち43床 療養一群入院医療管理(V)認可 新京浜病院81床 老人病棟入院医療管理(II)認可
平成8年 京浜病院77床のうち43床 療養二群入院医療管理(I)認可
平成11年 京浜病院77床のうち63床 療養二群入院医療管理(I)認可
新京浜病院81床 療養二群入院医療管理(I)認可
平成12年2月 京浜病院・新京浜病院が同一法人化され、医療法人社団 京浜会となる。
平成12年4月 両病院とも介護療養型医療施設となる。それに伴い、京浜病院が75床になる。
平成23年7月 京浜病院、新京浜病院が慢性期医療認定病院に認定される。
平成24年4月 賴佳が医療法人社団京浜会理事長就任。
平成25年9月 京浜病院75床のうち36床を医療療養病床に転換。
平成25年11月 有馬陽一が新京浜病院院長に就任。
平成25年11月26日 京浜病院が75床から71床(医療療養病床36床が32床)になる。
平成27年2月1日 京浜病院71床が全て医療療養病床になる。