病院紹介

HOME > 病院紹介 > 各部紹介

各部紹介

看護課(介護課)

看護部写真

★基本理念と認知症患者様のケアについて
「患者様、ご家族様の笑顔を取り戻す」を基本理念に、療養生活を穏やかに過ごして頂ける様、日常生活のお世話をさせて頂いています。
認知症の症状が強く、他の病院で治療を受けることが困難な患者様をお受けしています。
認知症の症状が落ち着くと、素敵な優しい笑顔を見せて下さり、行事にも参加できるようになれば、一緒に笑い楽しむ事が出来ます。これからは、認知症の患者様とどのように係っていくかが、看護・介護のポイントです。認知症の患者様が安心して、医療及び介護を受けて頂ける様に、真剣に取り組んでいます。

看護部写真

★有資格者、教育体制について
看護・介護の専門性を高めるため、介護支援専門員(ケアマネージャー)・認知症ケア専門士・介護福祉士など、職員個人がスキルアップをするために資格取得への援助もあります。
院内だけではなく、院外での勉強会や研修にも積極的に参加し、日々の業務に反映できるように努力しています。また、毎年、院外でもいろいろな学会などで事例発表も行っています。
学ぶ意欲のある職員が多く、沢山の有資格者が活躍しております。
最近では、病院や施設の方々が、認知症ケアの見学に来院され、東京都や大手介護施設の研修のお受入れをしております。
看護師・介護職員がチームとなって、患者様に少しでも良いケアを提供できるように、話し合い協力しあう環境があり、特に介護職員にとっては、医師や看護師が常にいるので、安心して業務を行え、専門知識も学ぶ事ができます。介護経験の全くなかった職員も、一人前になるまで一緒に仕事を教えていくので、京浜病院の方法で学ぶ事が出来ます。職員が同じケアを提供できるように努めています。

病室写真

★目指す看護・介護、仕事のやりがいについて
当院で最期を迎えられる患者様も少なくありません。私たちは、患者様の最期を美しい花道としてお見送り出来る様に、心がけております。また、そのご家族様への配慮も忘れることなく、常に声をかけて、寄り添うようにしています。今まで、私たちがお世話をさせて頂いたご家族様から、たくさんの感謝のお手紙を頂きました。その手紙を理事長先生が一冊の本にしてくださいました。その本は、私たち看護・介護職員たちの宝物であり、仕事へのやりがいとなっています。 笑顔のものがたりはこちら

栄養部

私たち栄養部は、ご入院患者様の楽しみである食事を如何に満足して頂くかを常に考えて日々努力をしています。

毎日の食事は?

栄養部写真楽しく美味しく、且つ衛生的で充分な栄養が摂れることに尽きると思います。病院に入院していても、食事の面では、出来るだけご家庭のぬくもりが感じられるような食事でありたいと思っています。その為に、栄養部では水曜日を【ご馳走の日】として、ご入院患者様の大好きなメニューをお出ししています。毎日の【おやつ】は出来る限り手作りを心がけていますので、少々形の崩れたゼリー等も出たりします。
また、ご入院生活に少しでも潤いをと始めた【京浜喫茶店】もとても好評です。誕生日には【豪華松花堂弁当】をお出しその上誕生会ではケーキ、フルーツ、紅茶等でお祝いし、スタッフの余興も楽しんでいただいています。

恒例の院長先生や主治医との食事会では、昔懐かしい【東京ラーメン】を食べながらお話が弾みます。

患者様の栄養状態は、常に【個人別栄養データ】を作成し、食事摂取量、体重、検査値等をこまめにチェックしています。患者様のご入院生活をより家庭的に、且つ潤いのある毎日にするべく栄養部の出来ることを日々模索している毎日です。

薬剤課

薬剤課写真

2014年6月より服薬指導支援システムを導入し、病棟業務を再開する為の人員を募集しています。
システム導入により、処方チェック、持参薬鑑別、薬歴管理などもできるようになり、さらに調剤機器も新調し、準備を進めています。

☆職員
京浜病院では薬剤師1名、調剤助手1名、新京浜病院では薬剤師1名が勤務しています。
京浜会内で協力し、業務を行っています。

薬剤課写真

☆調剤に関して
外来処方箋は院外へ出しており、院内処方箋のみを調剤しています。
2014年のデータ(2014.7~2014.11)では、
*京浜病院での1日平均調剤数は、
約20.5枚(内服薬と外用薬合計)、 36.0枚(注射薬)でした。
*新京浜病院での1日平均調剤数は、
約23.7枚(内服薬と外用薬合計)、 21.1枚(注射薬)でした。

・内服薬は、臨時処方箋、定期処方箋ともに原則すべて一包化。
 経管の患者様に関しては簡易懸濁法を用いて投与しており、粉砕調剤は極力減らしています。
・注射薬は計数調剤で、個人別にセットし払出。薬局でのミキシングは行っていません。
・在庫管理、月1購入額の報告、年1廃棄薬剤の報告、各部署備蓄薬の払い出し
・各種委員会への参加(薬事委員会、その他)
・新規採用薬検討のための院内勉強会の開催、DI業務、などが主な業務です。

今後は、抗生剤の適正使用のための介入なども検討中です。

検査課

京浜・新京浜病院(入院・外来・検診・ドック)の検査業務は経験豊富な臨床検査技師3名で担当しています。
入院患者様は体調の意思表示困難な方がほとんどです。入院・外来患者様に正確かつ迅速な検査データが反映出来る様、日々工夫・努力しています。

[業務内容]

  • 生化学・血液一般・尿一般・輸血関連
  • 生理検査・EKG・ホルターEKG・肺機能・聴力・超音波
  • 胃カメラ介助
  • 入院患者様の採血
  • 病棟カンファレンスの資料作成と参加

[業務方針]

  1. 正確・迅速な検査データ提供
  2. 異常値の把握と担当医への迅速な報告
  3. 効率化への工夫・努力

透析科

透析科写真スタッフはみんな明るく元気いっぱいです。安心して、そして楽しく透析を受けて頂けるように患者様とのコミュニケーションを大切にしています。毎年行われる院内研究発表会や透析学会への参加などで学んだことを生かし、患者様を第一に考えた看護が提供できるように努力しています。

外来透析の詳細へ

<入院透析>

当院では、入院している患者様にも透析を受けて頂けます。入院についてのお問い合わせはこちら

リハビリテーション科

こんにちは。リハビリテーション科です。

人間、何歳になっても適度に身体を動かすことは大切です。
病気や障害があっても、寝て過ごすのではなく、「できることは自分でやってみよう」さらには「何かにチャレンジしたい」という気持ちをもちましょう。

当院の患者様は、楽しみや生きがいを見つけ、周囲の患者様やスタッフともコミュニケーションを取りながら、リハビリに取り組んでいます。
寝たきりの患者様でも、車椅子に乗って病院行事に参加できるよう、日々座位訓練等に取り組んでいます。

リハビリは「辛い・痛い…」というイメージがありますが、私たちは個人個人に合った無理のないリハビリを目指しています。
明るくアットホームなスタッフとともに、リハビリを通してたくさん話し、心から笑い、心身ともに元気になりましょう。

リハビリテーション科写真 リハビリテーション科写真 リハビリテーション科写真

レントゲン課

1. マルチスライスCT ECLOS(日立製 8列)

レントゲン科写真
 

(1) 3D 血管抽出(頭部脳血管撮影)腫瘍、動脈瘤、動脈奇形などに有効で脳ドックなどの検査に使われています。脳の病気が気なる方の検査になります。

(2) PERFUSION解析 (脳血流測定)急性期脳血流障害〔脳梗塞、脳血栓、認知症による脳血流低下〕認知症が気なる方や急性の脳疾患の検査になります。脳ドックなどでの検査で行われています。

  レントゲン科写真 レントゲン科写真
 

(3) FAT POINTER (内蔵脂肪測定評価)メタボリックシンドローム〔生活習慣病など評価〕CTで測定することにより正確な内蔵脂肪と皮下脂肪が計測できます。(腹部CT)

(4) RISK PONITER (LAA測定評価)肺気腫、COPD〔アスベスト、喫煙なんどによる肺機能低下、肺がん、咽頭がんなどのリスク批評〕普段煙草を多く吸われる方や吸っていた方の肺機能の評価やリスクを検査できます。(胸部CT)

2. 胃透視デジタルラディオグラフィ (WIN SCOPE DR東芝製)

レントゲン科写真

画像をデジタル化することで、患者様にやさしく、制度の高い検査が行えます。

検査は、胃のバリュウム検査などを主に行っております。検診ドックなどの検査でつかられています。

3. PACS (富士フィルムメディカル製 SYNAPUS)

レントゲンフィルムなどの医療用画像データをネットワークでやりとりすることで早期に円滑な診断が可能となりました。

4. CR 一般撮影システム(富士フィルムメディカル製CAPUSULA-2)

画像をデジタル化することで、患者様にやさしく、制度の高い検査が行えます。

主に胸部レントゲンや整形の一般的検査に使われます。

5. 骨密度測定装置(ALOKA製 DCS-600EX)

検査時間も短く、早く簡単に行えます。骨の強さが気になる方の検査になります。

レントゲン科写真

レントゲン課 南部

▲ページTOPへ