当院の特徴

HOME > 当院の特徴 > 認知症治療 > 当院の認知症治療

認知症治療 当院の認知症治療

当院では、前述しました「周辺症状」の改善に取り組んでおります。
まず、院長独自の分類方法によって、周辺症状を3期に分けます。

険しい表情で時に危険行為が見られる 「混乱期」

周りの気を引こうとしたり甘えたりする 「依存期」

妄想の世界に浸り表情は穏やかになる 「昼夢期」

そして、それぞれの特徴に合わせたケア・処方をすることで周辺症状を改善することができるのです。

認知症周辺症状の3期分類とその治療法

  混乱期 依存期 昼夢期
見極め方 患者様の顔付き、形相に変化が表れます。眉間にしわを寄せ、険しく困ったように見えます。 自分に注目が集まる事をします。声を出したり、音をたてたりして人が来るまで呼び続けます。 穏やかな顔付きになり、笑顔が見られるようになります。また、挨拶もしてくれます。
状態の説明 周りとのコンタクトが取りにくくなり、危害を加えられるのではないかと感じています。何を言っても聞き入れられず、会話も成立しない事が多くあります。
夜間せん妄や危険行為が見られます。
静かになると騒ぎ出します。過度の依存心と甘えがあり、声を出したり、音をたてたりして自分に注目が集まることをします。逆に、大勢の中にいると、精神的に落ち着き、依存的訴えも少なくなります。 元気がなくなったように見えます。死んだ母親を探したり、昔自分の家にあったものを持ってきてと言ったりします。時間の概念がなく、表情は穏やかで笑顔も見られるようになります。
基本的対処法 安心感を与えてあげることが大切です。 一人にしないように努めます。 ご本人の好きなように生活をさせてあげます。
介護方法 むやみに身体に触れず、必要な介護はしっかり行い、不必要な介入は控えます。神経過敏になっているので、暴れるからといって抑制をすれば、ますます脅威を感じて暴れ続けてしまいます。ただ、周囲から危険物を取り除いておく必要はあります。また、介護者は前から立ちはだかるのではなく、横や後ろから介助をします。部屋は明るいままにし、リクラゼーション音楽などをかけると効果的です。 人が見えるところ、声が届くところにお連れします。執着心が強くしつこくなり、同じ話を繰り返すこともありますが、無視をせずに根気よく聞くことが大切です。 自分で作った夢や妄想の世界にいたいので、否定をしたり壊したりしないことが大切です。患者様のお話に対して、頷きながら聞き入れてあげます
薬物療法 少量・微量の抗精神病薬が有効です。 少量・微量の抗てんかん薬が有効です。 原則、薬は使いません。

▲ページTOPへ